【伊那でベビーマッサージ】ミツロウキャンドルのワイルドツリーへ行ってきました

写真は最近うつ伏せにしても泣かなくなったムスメ。ポージングがかわええです。

 

 

生後3ヶ月目のムスメを連れて、ベビーマッサージに行ってきました。

毎月、伊那市駅の商店街にあるワイルドツリーというお店で開催されています。

参加費500円でオイル使いたい放題!

講師は野ノ花助産院の小林先生。

マッサージが終わると、そのままランチの会。

ランチはワイルドツリーの近くにあるカフェたねさんが届けてくれます。

※ランチ別途料金、事前予約が必要

私はランチを注文せずでしたが、ちらっと見えたご飯がとても美味しそうでした。

 

初めてのベビーマッサージ

その日は13組のままと赤ちゃんが参加していました。

生後3ヶ月ぐらいの子やおすわりしてる子がいたり、お兄ちゃんお姉ちゃんが一緒に来ていたり。

普段、ムスメと月齢が近い親子に会う機会があまりないので、

参加者もそんなにいないだろうと思っていたら、たくさんいてビックリ。

私が住んでいる長谷地区では、今年度生まれの赤ちゃんは確か5〜6人ぐらい。

そのうち半分ぐらいが最近移住してきた家族。うちもその1組。

 

話は戻って、ワイルドツリーの2階スペースでぐるっと円になり、

マットの上に赤ちゃんたちをすっぽんぽんで寝かせます。

先生が「あーやって、こーやって〜」って言って教えてくれます。

マッサージの途中でムスメがやいやい泣き出した時もありましたが、

傍にいる私でさえもムスメの泣き声が聞こえないぐらい

賑やかでアットホームな空間でした(^_^)

※ 外に出るとムスメの泣き声はとても小さい。笑

 

マッサージの合間には、ままたちとおしゃべり。

赤ちゃん同士は会話はしないけど、見つめあったり

動ける子はバシバシお友だちを触りに行ったり、互いに興味を示していました。

 

ムスメも隣にいたおすわりしてるお友だちから

しっかりと洗礼を受けていて、いい刺激になった様子でした。笑

 

肝心のマッサージは気持ちよさそうに?大人しく最後までさせてくれました。

皆、途中で泣いたり気持ち良くておしっこが出たり、わいわいでした。

 

Wildtree[ワイルドツリー]ってこんなお店

ワイルドツリーホームページより

ベビーマッサージ以外にも楽しそうなイベントが開催されています。

 

そうそう、

ワイルドツリーのことを調べていると、オーストラリア「ノーザンライト社」の

ミツロウキャンドルやミツロウ製品の日本における総輸入元だということが判明。

”ミツロウ〇〇” 最近よく聞くけど、すごいじゃないか!伊那市!

代表の平賀さんは、全国各地でミツロウキャンドル関連のワークショップを開くなど、

ミツロウキャンドルの普及に力を注いでいる方だそうです。

ワイルドツリーホームページより

『ワイルドツリー』店舗情報

  • 住所:〒396-0025 長野県伊那市荒井25
  • TEL/FAX:0265-96-0438
  • 営業時間:月~土 10:00~18:00 日・祝日・夏季・冬季休業
  • MAIL:shop@wildtree.info

店内にはミツロウ製品やpeople treeのチョコレートなど、

体にも環境にもやさしい商品が並んでいます。

ABOUT US

ど田舎はいたついん(妻)
妻です。親子登山に行ける日を楽しみに、家でのんびりしています。【生息地】兵庫県尼崎市生まれ→兵庫県美方郡香美町小代区(超ど田舎で日本一の推し田舎)の教育施設に勤める。そこで夫と出会い、これから先どんな風に生きていきたいかを考える機会が訪れる。その後、雄大な山々の近く”長野県伊那市長谷”に移住。【これからの歩み】仙丈ケ岳を眺められる場所に家を持ち、山というテーマで人と繋がる”ゲストハウスのような宿”を営むこと。いろんなカタチで、人生山と寄り添って生きていきたい。のんびりと着実に。